部活と塾や習い事はどっちが優先?今どきの中学生事情

部活と塾や習い事はどっちが優先?今どきの中学生事情

部活と塾や習い事はどっちが優先?今どきの中学生事情

昨今の中学生は塾や習い事をしている子どもが多いことが事実です。そのため、塾と部活の時間が被ってしまうケースもあるでしょう。中学時代は部活に青春をかけた思い出が多いママが多いかもしれません。しかし今は時代が違うのです。ここでは、部活と塾や習い事はどっちが優先になっているのか、今どきの中学生事情をご紹介していきます。

 

塾や習い事を優先する生徒が多い

部活と塾や習い事はどっちが優先?今どきの中学生事情

昨今の中学生は部活よりも塾や習い事を優先にするケースが目立っています。学校も承知の上で黙認しているのでしょう。入部当初から「月曜日はサッカーがあるため、部活には参加できません」と保護者から顧問の先生に承諾をもらうケースは少なくありません。

 

もちろん地域や学校にもよるかもしれませんが、一般的な全部制の公立中学校の場合には、ほぼこのケースと考えてください。保護者世代では信じられない話かもしれませんが、昨今の中学校では塾や習い事優先がまかり通っています。

 

やるならとことんやらなきゃダメ

部活と塾や習い事はどっちが優先?今どきの中学生事情

入部当初から塾や習い事を優先していたにもかかわらず、途中から習い事をやめてしまい、止む無く部活に参加する子どももたくさんいます。しかし、このケースの場合には、すでに部活内で浮いた存在になってしまい、顧問からの心証もあまりよくはありません。

 

部活を頑張ろうと思った時点ではすでに運動部ならレギュラーは定着していますし、試合や大会などに参加できないことが多いでしょう。文化部の場合でも1人だけ新入生に混じって基礎から学ぶ羽目になるかもしれません。

 

もしも新入生から部活は二の次と決めたなら途中から方針転換をすることは保護者として正しいやり方ではないですよね。子どものためにも部活よりも塾や習い事だと決めたならとことん中学生時代は決めたことを精一杯やらせてあげるようにしましょう。

 

3年間同じ部活を続けることで内申点が加点されることも

部活と塾や習い事はどっちが優先?今どきの中学生事情

公立中学校の場合には同じ部活に3年間継続で所属できた場合には、内申点が加点される地域も存在します。高校受験で有利になるんですね。部活によっては資格の取得や試合成績なども加点対象です。

 

高校受験のために塾優先にしているなら、少し考えてほしいポイントでもあります。本当に部活の時間を潰してでも勉強をした方が受験に有利になるのか?本当に部活よりもサッカーの方が大事なのか?部活でサッカーをさせる選択はないのか?などです。

 

もちろん素晴らしい才能があり、プロチームからのスカウトがきているレベルであれば部活よりも優先するのは当たり前かもしれません。このケースでは、途中でやめる選択肢はありませんよね。しかし、趣味程度の習い事で途中で止めてしまうレベルならば、最初から部活優先の方が子どもの将来のためになることでしょう。

 

交友関係を深めるなら部活を優先するべし

部活と塾や習い事はどっちが優先?今どきの中学生事情

中学生の交友関係で大事なのは、クラスメートと部活の仲間です。クラスは毎年変わるかもしれませんが部活の友人は3年間続くでしょう。楽しい中学校生活を送るためには交友関係は良好にしておくべきだといえますよね。クラスで嫌なことがあっても、部活に行けば笑顔になれる環境は保っておくべきではないでしょうか。

 

また、部活は上下関係を学べるいい機会とも言えます。必ずしも先輩後輩の主従関係が正しい世の中ではありません。しかし、現実的に日本の社会では上下関係が大切にされています。中学生の部活は将来的な上下関係を学ぶにはいい機会といえるでしょう。先輩に可愛がってもらうこともありますし、自分が先輩になった場合に後輩を指導できることは将来的なマネージメントスキルにもつながります。

 

部活でも塾でもやり遂げることが大切

部活と塾や習い事はどっちが優先?今どきの中学生事情

部活優先にするとしても塾や習い事を優先にするにしても家庭内で話し合って決める必要があります。子どもの意思を尊重し、優先したことをしっかり3年間やり遂げさせてあげることが大切です。そのためには保護者のサポートが必要。途中で投げ出してはもったいない状態になってしまいます。保護者の意思で塾優先にした場合には、途中で後悔する可能性があるでしょう。どちらを優先にしるとしても子どもが自分の意思で決定することが大切です。

 

まとめ

部活と塾や習い事はどっちが優先?今どきの中学生事情

昨今の中学生の部活事情はご理解いただけましたか?最初はこんなものか、と驚くママも多いかもしれません。しかし、どの部活にも一定数、学校公認でほとんど部活に参加しない子どもがいます。ほとんど参加していない子どもが急に塾や習い事をやめて参加したとしても楽しいはずがないですよね。どちらを優先するのかに正解は無いといえるでしょう。しかし、優先したことを最後までやり遂げさせるのは保護者の仕事かもしれません。途中で投げ出さないようにしっかりサポートしてくださいね。

page top